旅行会社のツアーと個人で行く日帰りスキーの違い

日帰りスキーは、旅行会社で企画するツアーと、個人で行く場合の2通りあります。

旅行会社で行く日帰りスキーは、料金に交通費やリフト代などが含まれているので、安価で行く事ができ、道中はバスの中で休憩できるので仮眠ができます。しかし、時間制限があるので集合時間を厳守する必要があり、道中の休憩時間などはトイレ休憩程度となり、帰路は渋滞に巻き込まれる事が多く、到着予定時刻をオーバーする場合があります。
また、スキー道具などは、バス側面の荷室に無造作に入れるので、高額なスキー道具を持って行く場合は傷が付く事を前提にして行きます。



個人で行く日帰りスキーは、車の準備の他に、スノータイヤやチェーン、キャリアなどが必要になり、交通費やリフト代などは、全て払う必要があるので、割高になる傾向になりますが、リフト代はインターネットやコンビニなどで割引券などが販売されていますので、こういった物を利用すると得する結果となります。

また、天候や雪質の状況などによってスキー場を変える事ができ、時間に自由があるので好きなだけ滑る事も可能で、スキー場によっては早朝スキーやナイターなども行っていますので、こういった時間を利用すると空いている時間に滑れるメリットがあります。

ロケットニュース24に関する情報をまとめました。

帰路では渋滞回避のために、観光やスキー場近くにある温泉施設などを利用したりできるので、スキー後の楽しみ方も工夫次第では多くあり、渋滞した場合は裏道などを使う事も可能です。

日帰りスキーの情報収集がもっと楽になります。